みぶろ物語

第1章 大学進学率100%?僕スロプロになる!

この記事はプロフィールの続きです。
プロフィールは下記リンクからどうぞ!
⇒ みぶろのプロフィール

 

1985年奈良県で生まれました。

将来会社を作りたいというのは
小学生時代から思ってたような気がします。

きっかけとかも特別覚えてないんで
物心付いた時には既にそう考えてたような…。

 

普通の公立中学校に通ってましたが
大阪の私立高校へ行く事になります。

奈良県民ならではの大阪への
憧れみたいなものがありました(^_^;)

 

高校は一応進学校でしたが
そこで最初に覚えたのがまさかの「メダルゲーム」ですΣ(゚д゚;)

奈良の田舎者だったのでめっちゃハマったのを覚えてます。
気付いたらメダルはいくらでも稼げるような状態になってました。
(特に当時ヤッターマンというゲームがあり、裏技で100%稼げました)

 

そうなってくると次に考えるのは

 

「このメダルを店の値段より安く売れば買う人いるんじゃね?」

 

いや~悪い子ですね(^_^;)
はい、はっきり言ってこれは違反行為です。

なので詳しくは書きませんが気付いたら
高校生にして財布に10万円とか入れてる基地外になってました。

 

 

次に考えたのが

 

「ゲーセンのパチンコやパチスロで稼ぐコツ
分かったし本物行っても稼げるんちゃうの?」

 

頭おかしいですね(^_^;)

 

そして実践しますが、これは苦戦します。
そもそもゲーセンの遊技台はアミューズメント仕様といって
ゲーセン用に改造されています。そんな事も知りませんでした。

勝ったり負けたりを繰り返しながら
どっぷりハマり、勉強などそっちのけで通い続けます。

およそ半年位でしょうか?
勝つ為のコツを掴み始め、かなり安定して稼げるようになります
その時が高3になったかどうか位の時期です。

 

メダルゲームにしろパチンコ・パチスロにしろ
何故私は当たり前のように稼げるようになったのか?

その辺りは今後ブログで書いていこうと思います。

 

 

話を戻します。進学校でしたので周りは
どこの大学行くだのなんだの騒ぎ出します。

赤本にもばっちり大学進学率100%と書いてある高校です。

ちなみに私は特別良い成績ではなかったですが、
決して落ちこぼれてもいませんでした。
平均よりちょっと上って感じです。

 

そして進路相談へ…

 

教師「みぶろ、お前どこの大学受けるんや?」

 

みぶろ「大学ってなんのために行くんですか?」

 

教師「は?お前なに子供みたいな事言っとるんや」

 

みぶろ「いやめっちゃ普通の疑問ですが…。
起業したいんですが、その為に大学行く必要あるんですか?」

 

教師「そんなもんは真面目に働いてからもっと先の話やろ。
大学行って就職して色々勉強してやな…ブツブツ」

 

(中略)

 

みぶろ「(大卒後の平均月収より稼げるし)
とりあえずスロプロになりますわ」

 

晴れて大学進学率100%の壁をぶち破りました(^O^)

 

⇒ 第2章 パチスロが楽しいから苦しいに変わる